知っておきたい!血液クレンジングの基礎知識

血液を活性化させる効果が期待できる

血液クレンジングとは、少量の血液をオゾンガスと反応させ、そのことによって活性化された血液を再度元の体内に戻すことで体質改善を図るという治療法のことです。オゾンガスには血液に酸化ストレスを与えることで抗酸化力を高める作用があり、ドロドロの状態の血液がサラサラになったり、免疫力が高まるなど、血液を活性化させる効果が期待できると言われています。また、医療用のオゾンガスを使用することから「オゾン療法」とも呼ばれています。

ヨーロッパではすでに確立された治療法

血液クレンジングというのは、日本ではまだあまり知られていない治療方法ですが、ヨーロッパではすでに1975年から難病の治療などで使用されています。各国の研究者からは自然治癒力を高める治療法として効果があることが報告されており、アンチエイジングをはじめ、動脈硬化やガンの治療にも用いられています。さらにヨーロッパではオゾン治療を行う専門の病院もあり、虚血症や心臓疾患に関しては保険が適用されるなど、一般的に確立された治療法として知られています。

血液クレンジングが向いている人

血液クレンジングでの治療が向いている人としては、疲労の症状がなかなか改善されない場合や、メタボ・血圧高め・中性脂肪高めといった健康診断の結果が良くなかった場合、そして風邪をひきやすいなど身体の不調を改善したい場合などが挙げられます。さらにアトピー性皮膚炎や肌の老化を改善したい場合や、加齢によって起こりやすくなるさまざまな病気の予防、そしていつまでも若々しくいたいというアンチエイジングなどを希望する人にも向いていると言えるでしょう。

血液クレンジング療法とは、血液を採血しオゾンを注入し点滴で体内に戻すというものです。オゾンは血液の代謝や免疫力を活性化する働きがあり、その効用はエイジング効果・肩こり・更年期の症状等に効果があります。