青髭の脱毛にも繋がるの!?正しい髭の手入れ方法

髭剃りの前には必ずケアをしよう

髭剃りで重要なのは、とにかく肌にダメージを与えないこと。そのためには、髭剃りの前のケアが必要不可欠です。「そんなの面倒くさい」と思う方もいるでしょうが、ケアといってもただ髭を濡らしておくだけ。たったこれだけで肌はずっとダメージを受けにくくなります。乾燥した肌はデリケートな状態になっているため、そこに少しでも刃が触れてしまえば大きなストレスがかかってしまうのです。また、濡らすことにより髭は水分を吸収して膨張しますから、柔らかくなって剃りやすくなります。なので、髭を剃るなら入浴後や洗顔後などの濡れているタイミングで行いましょう。

髭剃りアイテムを上手に活用しよう

髭剃りアイテムには主に「T字カミソリ」と「電動カミソリ」の二種類がありますが、これはどちらでも構いません。好きな方を使用しましょう。ここで注意すべき点は、刃の清掃と消毒を怠らないこと。髭を剃った後は少なからず傷がついているので、刃が不潔な状態だと炎症を起こしてしまう可能性があります。目安として、T字カミソリは1~2週間ごとに刃を付け替え、電動カミソリは使用前に熱湯で消毒をし、使用後は毎回洗うようにしましょう。また、シェービングホームについては肌になじみやすいジェルタイプがおすすめです。

アフターケアで肌をいたわろう

髭剃りの後にもケアは必要です。用意するものは「洗顔料」「化粧水」の二種類。男性の場合、化粧水を使用するのは抵抗があるかもしれませんが、アフターケアには欠かせません。まず、髭剃りの後は洗顔料を使って洗顔をします。剃った後の肌はデリケートになっているため、刺激の少ないものにしてください。オーガニックや植物由来成分の洗顔料がおすすめです。洗顔を終えたら化粧水で手入れをしていきます。顔の中心から外側へ広げて塗るようにしましょう。鼻先や目元などの敏感な箇所は軽く馴染ませる程度でOK。絶対にゴシゴシと擦るように塗るのはやめてくださいね。使用する化粧水は男性用と書かれている物がおすすめです。

髭脱毛をすることによって、今まで髭が生えていた部分がツルツルになるので、今までよりも若く見られることができます。